FX必勝のポイント

誰でも初めは初心者です。

 

これはFXに限らず投資に関して初心者である時期には、損失に対して多くの場合、認識や危機感甘いと言った共通点が見受けられます。

このような事があるので、FXのようなリスクの大きい取引は初心者向きでないと言われる事があるのです。

 

しかし、初めからベテランの人というのはいないのです。どのような成功を収めた人でも初めは、みんな初心者だった訳ですので。

また、色々考えすぎて、何時になって、FX取引を始めなければ、永遠に初心者のままなのです。

 

可能であるなら、外貨預金や投資信託さらに、国内の株取引を事前に経験するのも、あるいみで有効だとも言えます。

比較的安全な状況で投資に成れる意味でも行ってみる、ということは、仮にFXでなくとも、非常に良い経験となります。

 

それから、FXデモトレード(バーチャルFX)というツールが、FX業者から提供されいますので、損失がでない練習方法ですから是非体験してみましょう。

特にFXデモトレード(バーチャルFX)で有効なところは、強制ロスカットというものを体験できるからです。

 

一気に口座の資金がなくなるといった事を、という体験を、実際のお金でするのは、すごく大変な事態を招きます。

そのため、FXデモトレードで仮想マネーを仮想環境で体験できるのは非常に役にたちます。

 

こうして、リスクヘッジの意識習慣ずけば、初心者を卒業して、FX投資家として育っていく事ができるようになる事でしょう。

 

トレードスタイルを決める

FXに限らず、株取引なども含め『デイトレード』を実践する人のが多くなってきています。

それに対し、デイトレーダーに批判的な人もいます。

私的には、『デイトレード』を職業とする事は、決して悪い事ではないと、感じます。

 

デイトレーダーを批判的な人の理由の一つに『人とのつながりを持ちたくない』という人が、自宅でできるので実践しているだけといったイメージがあるのでしょう

 

けれども、介護や育児、疾病などで、本当に外出する事や、労働など困難な人が、自立できるのであれば、その事は悪い事ではないと思います。

 

当然『他人と接触したくない』といった事が理由で、デイトレードを職業とする考え方は、賛成できませんし良い活き方ではないと思います。

 

FXには、本当に様々なトレードのスタイルというのがあります。

デイトレードのみならず、長期にポジションを保有してスワップをで稼ぐ、といった法もあるのです。

 

またFX取引にあまりのも夢中になりすぎて、生活に制限が出てくるというのも、問題があるように思います。

何はともあれ自分にあったトレードスタイルを決め、資金を増やす手段として考えた場合、FXは非常に優れた方法だと言える事は間違いありません。

 

コスト意識を持つ事

FX業者に、あたりまえの事ですが利用者は業者に対して手数料を支払う事になります。

なので手数料というっものは【儲けを出すためのコスト】であることを認識しましょう。

という事でFX業者を選ぶ時点で、コストを考えておくことが重要です。

 

仮に、為替差益をコツコツと出していくパターンの、デイトレードスキャルピングトレードの手法で、FX取引を実践する事を計画してるのであれば、ポジションをとる毎に手数料を支払うというのは、コストが膨らむ事になります。

その場合は手数料が安い、もしくは無料の業者を選択するようにしましょう

 

一方で、多額の資金を投じて、FX取引を行うケースでは、取引が安全に実施できるといった事に比重をおくべきでしょう。

更に、長期にポジションを保有する方法(スイングトレード)も、同様に安全な業者を選ぶことが大事です。

このような場合には、手数料を多少払ってでも、安全で、資金面や規模面で、安定度の高い優良なFX業者を選ぶようにしましょう

 

そして手数料を取るという事で、利用者へのサービス・サポート体制を充実させる事をコンセプトにしているFX業者というのもあるのです。

相場情報などが充実しているのは、手数料を取らなければ成り立ちません。

 

つまり逆に手数料が無料の業者というのは、相場情報といったサービスまでは実際に出来ないといった事で業者というのは大きく分けて、このような2つのタイプがあるのです。

 

手数料のみに拘るのではなく【どういうFX取引をするか】という事を基準にFX業者は選ばれる方が良いと思います。

 

最初は特に余剰資金で

FXにおいては如何にロスカットを徹底して実施できるかで、成否の分かれ道になるといっても過言ではありません。

この事が出来るようになるまでの間は、【余剰資金】の範囲内でFXの投資をすることが肝要です。

 

仮に、その資金がなくても、生活する事に支障をきたさない範囲でFX取引をしてえうのであれば、ロスカットを徹底して実行する事ができるのです。

 

それから損失を出した際に『回復するかもしれない』という望みを持つ事が、ロスカットのタイミングを遅らせる事に繋がり、結果として大きなマイナス、もしくはFX業者による強制ロスカットといった、事態を招くこ事にもなってしまうのです。

 

【余剰資金】の範囲内で取引を実施してる場合であれば、損失が小さいうちに『授業料は払ったが、次に頑張ろう』という気持ちなる事ができるというものです。

されど、生活をかけている状態で、初めからFXに取り組むのは、オススメ出来ません。

 

つまり初めのうちに大きな損失を被ってしまうと、金銭的・精神的ダメージで、『次』の機会を考えられなくなり挫折してしまう事も無きにしも非ずといったケースになってしまう事もあるのです。

 

FX初心者のまま挫折して諦めてしまうのか、あるいは苦難を乗り越え、一人前のトレーダーとして成長していく事ができるのか、という分かれ目は、ロスカットの徹底が実施できるかどうか、にあるのです。

 

そしてロスカットの徹底が出来るようになる為には、初めは【余剰資金】を使い余裕を持って、FXに取り組むのが良いでしょう。

 

ロスカット(損切り)の徹底

FXで成功を手にするには、損切りを徹底しなければ達成できません。

FX初心者が失良く敗してしまう理由は【損切り】のタイミングが悪い、つまり遅いという事です。

必ずと言ってFXトレードを実践していけば、【含み損】を嫌でも経験するでしょう。

 

仮に、この場合【含み損】があったとしても、実際にポジションを決済した訳ではないのです。

ただ、初心者が業者による強制ロスカットを実施されてしまうのは、自主的な【損切り】のタイミングが、遅すぎる、と言った事が一番多い理由となってるのです。

投資初心者に分かる程度の【含み損】が生じている場合、プロのトレーダーならば、外貨が下落していく傾向を、間違いなく把握しています。

 

そんな訳で、様子を見つづけても、【含み損】は少なくなるどころか、益々膨らんでいってしうケースが、多いのです。

投資の世界で成功する法則は『損小利大』という事です。

自主的な【損切り】を徹底し、損失が膨らまないうちに対処する、ということを身に付けておくことが重要なのです。

 

重ねて、利益確定に関しても初心者のうちは、どうしても遅いのが現状です。

この事は『もう少し、利益が大きくならないかな・・・?』という甘い期待感によるものです。

 

けれども、それがデータに基づく、確かな『予測』でないうちは、利益確定のタイミングをも逃すといった結果になってしまうのです。

Copyright© FXトレーダー育成プログラム , 2020 All Rights Reserved.