トレードスタイルあれこれ

FX取引で収益を上げる為には、為替の差異を狙って、売買をするという必要性があげられます。

為替の差異を狙うためのトレード方法というのは複数あります。

 

ポジションの保有期間そして1回で狙う為替の差異(利益幅)より【スキャルピング】【デイトレード】【スイングトレード】【ポジショントレード】【長期保有】に区分されます。

 

【スキャルピング】といった実践法は、数分~数時間しか、ポジションを保有せず、数銭の利益幅を狙っていく作戦です。

少ない利益でも、FX取引ではレバレッジを高く設定することが可能だという事です。

 

スキャルピングトレードでしたら、通常のトレードとは違ってレバレッジを高くして、ほんの数銭~数十銭の利益を1 日に幾度も得ていきます。

さらに【デイトレード】では、数分~1 日以内でポジションを決済行なってしまうトレード法で、数十銭~1 円単位の粗利益を狙っていきます。

この手法は専業トレーダーが活躍してる方法で、最も難しい手法だと考えられています。

 

また、スイングトレードは数日~数週間、ポジショントレードは、数週間から数ヶ月といった、中期保有型のトレード方法と言えるでしょう。

長期保有は数か月以上で、売買した利益ではなくスワップ狙いの方法になrいます。

このようなトレード方法の中で、投資家のライフスタイル、ワークスタイルなどに適合した方法を、選ぶ事が重要になります。

 

スキャルピング トレード

【スキャルピング トレード】というのは、デイトレードより一段と短い時間で行うトレードの事で、その時間は、ナント秒単位なのです。

 

FXではレバレッジを最大限に活用させる事で、少ない金額でも、大きな儲けを生み出すことが可能である、という事は、今は理解してくださっていると思います。

また【スキャルピングトレード】は、定番のトレードと対比してレバレッジを高くし、わずか数銭~数十銭の儲けを1 日に何回も上げていく方法です。

 

因みに、スキャルピングという言語は、『頭皮』を言う『スキャルプ』という言葉から発生しました。頭皮のケアというのはは、古い角質を省いて、目新しい角質の生産を促すということが、重要だといえます。

 

その時、角質は一瞬に生まれ変わるのではなく、薄い薄い角質が、何回も削げとれていく、という考え方が実情に近いです。

ですので、たった数銭~数十銭の儲けを1 日に幾度もとっていくトレード法に【スキャルピングトレード】といった名称が付けられた訳です。

 

ただ【スキャルピングトレード】の場合には、スプレッドがあるという事に、注意が必要です。

スプレッドが5 銭合ったケースではに10 銭の成果を出そうとした時、実際には15 銭のレート動きがないと10 銭の儲けにはなりません。

これ以外に、手数料が加算される場合もあるのです。このような細かな面に注目する必要が、あるのです。

Copyright© FXトレーダー育成プログラム , 2020 All Rights Reserved.