FXのはじめ方

事前にデモトレード体験を体験しましょう。

現実にFX取引を始める前の段階で、まずFXデモトレードを利用し、FXを体験しておくことが重要です。

 

でもトレードでレバレッジの感覚を知る

FXデモトレード(バーチャルFX)というのは、リアルマネーを使うことなく、いわゆる仮想マネーで、FX(外貨証拠金取引)を体験する事ができる初心者に対してのシステムサービスの事をいいます。

 

FXデモトレード(バーチャルFX)は、『外国為替取引仮想売買システム』というのが正式名になります。

外為業者が提供する仮想口座(デモ口座)をうまく使って、実際の取引を体験できるという初心者にとっては嬉しいシステムです。

 

FXデモトレードは、大手の外為業者の場合、大抵の企業が扱っています。

FXデモトレードで経験しておく一番のメリットは、高いレバレッジを設定した時に、強制ロスカットになってしまう、ということを知る事ができるからです。

 

デモトレードの場合でしたら仮想マネーなので問題はありませんが、リアルの取引でロスカットをされる事になってしまった場合には、巨額な損失を被ってしまう事になりかねません。

 

FXデモトレードなら、実質的な損失は発生しないので強制ロスカットを体験しておくことが良い経験となるでしょう。

加えて、リアルの取引の場合には、想像していた以上に動きの速い「相場」に、翻弄されてしまう初心者の方が、実際に多いのが現状です。

 

FXというのは、基礎的な知識を学んでおかないと当然ですが成功する事はできないでしょう。

また、それに反して、机上の学習のみならず、『体感する』といった面においては、デモトレードというシステムは非常に優れてるので是非とも活用されて下さい。

 

FX口座の開設

FX口座の開設は、郵送、インターネットの2つに1つの方法で、解説するのが殆んどとなっています。

また、講座を開設する為の申込書というのは、特に難しいことを聞かれる事もなく、住所や氏名などを記載する内容がほとんどです。

記入項目が多くて、不安になってくるとは思います。

しかし、項目ごとに『聞かれたことに答える』ことを繰り返していけば、大丈夫です

 

FX口座開設においては、住所や氏名、職業、年齢、メールアドレスと言えるものを尋ねられます。

とりわけ、インターネットで申込をするケースでは、メルアドは、後で使用することになりますので間違えないように注意してしておいてください。

 

更に、口座を開く事のパスワード、本人確認の書類はどんなものを送るか、そして出金する場合の振込口座など、間違いの無いよう注意が必要です。

また、申込を問題なく通過させるための重要な事は、「外国為替保証金の取引がない」と答えると申込が通りずらくなるFX 業者も実際にあります。

なので、その場合は、1 年以上と入力しておきましょう。

 

また、インターネットでの申込を済ませた後に、【正式な口座申込書(契約書)】【本人確認書】を取引業者に送る、という事も時には必要な場合もあります。

 

FX業者が利用者の審査をする場合に、『多額の負債などを抱えている』といった状況でなければ、審査に落ちる、という事は、ほとんどありません。

 

FX口座の入手金方法

FX口座の入金は、FX業者の銀行口座へ振り込みをします。

おすすめFX口座はこちらの記事をご参考ください

→ おすすめのFX口座【キャッシュバックもあり!】

 

入金をする際には、銀行、ATM、そしてネットバンキングから振り込みができます。

また、出金する場合はFX口座を開設した時にに指定した、自身のの銀行口座に出金してもらうことが出来ます。

 

FX業者によって、振込の際に振込人名が指定されてる事もあります。

他にも、FX業者にもよりますが、振込を実行した後に電話で連絡する事が義務付けられてる業者もあります。

 

またFX口座へ入金をした場合、次の日には、自分のFX 口座に振り込みをした金額が反映されています。

 

FX口座には、追加で入金する事が可能なので、初めはは最低金額で取引を行うようにすると良いと思います。

取引に慣れてきたら徐々に金額を増やしていくのが間違いないでしょう。

 

FX口座からの出金は、FX口座を開設するときに指定した、自身の銀行口座に出金してもらえます。

この頃は、取引画面から出金手続きが行う事も可能になったので、大変重宝します。

 

FX口座から出金の際は、大概は次の日には出金していただけるのですが、FX業者によりますが手続きの日数が違う事もあります。

なので資金が必要であるタイミングは、事前に確認されておいて下さい。

 

口座情報を把握しておくことが重要

FX取引を実践する場合、自身に最良のポジションで取引を続けていく事が重要となります。

その場合「口座情報」の内容を良く把握していないと、過剰な量のポジションを持ってしまう事もありえます。

 

また、口座情報というのは、様々な有益な情報も記載されております。

【口座資産】の欄には『口座に預け入れ金から損益を差し引いた金額』が記載されています。

【評価損益】の欄には、現在保有しているポジションがあるにあたり、そのポジションの評価損益金額が表記されております。

そして【預り評価残高=口座資産-評価損益】が記載されているのです。

 

これ以外にも貴重な情報があります。

例えば【マージンコール値】など、マージンコールになる金額のこと。

【ロスカット値】はロスカットになる金額のことなど2つの値を把握しておくように常備、意識しておくことも重要です。

マージンコールをされた時点では、まだ追加保証金をFX口座に入金する事も出来ます。

 

ですが、海外の取引所などを使用してレバレッジを高く設定していた時には、一夜にして証拠金を失ってしまう事もありえます。

(海外の証券取引所は最大888倍までレバレッジをかけることができます)

 

国内取引所の場合でも、マージンコールにかかった場合、追加保証金の入金が間に合わなかったという結果になってしまう場合もありえるのです。

なのでマージンコール、されてから慌てる事無く、事前に自ら確認するという事をしていきましょう。

 

おすすめFX口座はこちらの記事をご参考ください

→ おすすめのFX口座【キャッシュバックもあり!】

Copyright© FXトレーダー育成プログラム , 2020 All Rights Reserved.