運用ルールを決める

投資の世界ではFXに限定した事ではありませんが【損小利大】といった言葉が、わりと本犯に使われています。

「損失を1 とすれば、利益は3 とる」という意味が【損小利大】の意味になります。

この原則を一つの基準として、自分自身のルールを決める事が肝要になります。

 

FX取引は一般的に、一回のFX取引での損失は、手持ち資金の10%以内に納めるのが基本とされています。

つまり証拠金が100 万円の場合でしたら、一度の取引での損失は10 万円以内に納めるという事になります。

損切りをする場合には、このルールを取り決めておかないと、損失がきりなく拡大してしまう恐れがあるからです。

そして反対に、利益を確定させる場合のルールも取り決めをしておきます。

 

人間は心理的に普通の場合、『ひょっとしたら、【もっと利益が出せる】かもしれない』と思うような傾向があるのです。

されど、限りなく、ポジションの決済を行わないで、結果的に大きく利益を取りこぼしてしまう場合が実際に非常に多いのです。

 

このような心理状況・精神的に動揺せず、機械的に利益確定を実行する為には、IFD 注文やOCO 注文を使用して、心理的、精神的な利益確定の困惑を断ち切るようにする事が賢明です。

 

本来、ビジネスの場で【感情】に流されてしまう事はNGとなります。

また【感情】を出さないことは、ビジネス面ではマナーの一つといっても過言ではありません。

FX取引も、同様の事が言えます。【感情】に左右されない事こそが成功のカギとなるのです。

 

ポジポジ病にならない

FXは、投資初心者には敷居が少し高いと言った事はまるっきり否定できないのも事実です。

ですが、専業のトレーダーばかりがFX取引をしてるるといった事ではありません。

また、専業のトレーダーであったとしても、昔のようにパソコンの画面に貼り付きっぱなしという事でもありません。そのような時代は、もうk過去の話となっているのです。。

 

FXでは取引回数の多い人よりも、そうでない人のほうが実は効率よく実績をあげてりうといった事もあるのです。

ぞくにFX取引の世界では「ポジションを常に持っていないと心配だ」と感じている人が存在するのは本当のところなのです。

こういった方たちは、『常に取引をしている』とされる事実に、安心感を持っているのです。

 

ですが、利益を出しては損失も出す、という場合が多いのも実際の話なのです。なぜかと言うと『取引をしている』といった実態に安堵し、損失を出してしまた時でも原因を追究せず気にしない、という人もいるのです。

と同時に、年に数回しか取引をしない主義の人や、本業が忙しくて出来ない、という人もおります。

このような場合でも、取引のすることが「チャンスのとき限定!!」であれば、確かに儲かるでしょう。

 

またチャンスを掴むのに、色々な手法で実践されているのも事実です。

仮に、大暴落がおこり落ち着いた時、ある程度の期間は上昇に転じます。

そんな理由で、暴落後に買うこと、ある程度長期間(1 か月程度)はポジションを保有しておくことを決断できる人は、買ったときのレートよりも上がる可能性が非常に大きくなるため稼ぎやすくなります。

このような『戦術』を、稼いでいる人は、スキルとして身につけているのです。

 

損益計算について

FXで利益を上げる事を望むなら、ポジションを持ったときの損益が、どのくらいになるか、いかなる時も計算をすべきです。1万通貨保有していたケースだと、1 円の為替の動きで1 万円の損益になってくるのです。

 

FX口座管理画面であっても現段階のポジション保有量に対する損益計算を実行してくれます。

一方、今後のレート変動においては、損益計算は実行してくれません。

自分で実行できるように、しておく事が肝要です。

FXで儲けを出すことを考えれば、次にあげるような予測・計算が実施できることが重要になります。

『どの位、レートが変動したら予測出来るか?』『そういった時、損益がいくらとなるか?』『レートが予想と反したときにどの位、変動したら、どの程度の損失になるのか』といったことです。

 

このような予測を出来るかぎり確実に、細部まで取り組んでいけるかが、FXで利益を出すことを目指した手法です。

そして、リスクヘッジも肝心で、マージンコールや、ロスカットになってはならないので、自分の「立ち位置」を決めておかなければいけません。

 

損益計算を行い『この取引を続行して、マージンコール、ロスカットになる可能性は無いか』を見極めながら進められて下さい。

FX初心者の場合は、損切りのタイミングを間違ってしまう傾向があるために、資金に余裕がある範囲での取り引きを、留意することが大切です。

 

複利運用について

FX取引は、1回の取引で利益が出たのか、損をしてしまったのか、という問題に左右されることなく、ある一定期間で利益が出たのか損をしたのかを、見極める事が重要です。

 

ほとんどのケースでは、1 年間で想定します。

このことは、所得税などを納付するためにも、重大な見識だといえます。

 

FX取引のmいならず、株取引というものを見ても、一回、一回の取引で、損失・利益の両方とも出る可能性があるのです。ただ、1年トータルで儲けが出ているのかどうか、考える事が重要なんです。

 

取引を長い期間、取り組んで行く際には、単利運用というよりも、複利運用のほうが、有利となることもあり得ます。

利子は取引には充てずに、元本だけで取引していくことを、単利で運用すると呼びます。

 

それとは反対に、複利においての運用は、元本に利子を加えた額で取引を行っていくということです。

複利での運用をしておくと、年数を重ねるたびに利益の額が拡大していきます。

 

具体的に言えば、1年以内という短期の成績を見てみると、そんなに差はないはずです。

だけど、年単位による運用成績を考えられるような、長期の視点を見る力を身に付ければ、数年後になると大きな利回りで運用することが可能だと考えられます。

 

当たり前ですが、単利での運用にでも、メリットはあるものです。

仮に、利子部分をFX取引じゃなくて、他の取引に回して、リスクをバランス化に繋げるといった思考法も、あります。

Copyright© FXトレーダー育成プログラム , 2020 All Rights Reserved.