強制ロスカットに気を付けよう

FXで元も注意が必要なのは、マージンコール及びロスカットを受けない、安全圏での取引をすることが重要だと理解しておく事です。

 

更に注意がすべきは強制ロスカットで、それは、トレーダーの証拠金維持率がある数値より下回った(一般的な業者の場合で25%をしたまわった)ケースでは、【利用者に通知することなく】、取引業者によって強制的に保有ポジションの決済が実行される措置のことをいいます。

 

そしてロスカットされてしまう大抵の人はは、レバレッジを大きく設定し過ぎているすぎている傾向が見られます。

 

例をあげると週末なんかは、意外にトレーダーが注意をおろそかにしている時期に、何がしかの事件が有って、相場が急変した際には、強制ロスカットが実施されて証拠金が吹っ飛ぶだけに止まらず、借金が出来てしまうといった事もあるのです。

 

それから、マージンコールとは、追加保証金のことをいいます。

FXの口座に預けている証拠金から、含み損を差し引いた金額が、一定の割合以下となったケースでは、FX業者によってはマージンコールという仕組みを適用するの可能性もあります。

 

もう少々証拠金を追加したり、ポジションの一部を決済したりして、【損失に耐えられるようにしてください】と注意してくれるルールのことを言います。

 

「一定割合」というのは、FX業者によって様々ではありますが、たいていの場合は証拠金は50%といったケースが多く見受けられます。

因みに強制ロスカットをされないようにするには、まず最初はは「小額」から、練習も含めてトレードを始めるとリスクは低くなるでしょう。

 

レバレッジが大きすぎる

極端な話がFX業者によっては、400倍という高いレバレッジで、取引をする事ができるとこも実際にあります。

ただし、レバレッジを高くすると、ロスカットをされるリスクも高くなっていきます。

 

 

レバレッジとは、数十銭~数円といった為替差益を目的に、利益を上げていくのに有効な方法です。

ただ、損失を出した際には、その事に対するリスクを負うことになるのです。

 

レバレッジは上手く使いこなす事ができれば大きな利益を上げる事ができますが、慣れない初心者の時に、初めのうちは、2~3 倍のレバレッジ位にしておくのが無難です。

 

例えば、証拠金が100万円のケースでは、証拠金の25%になった時にロスカットが実施されると、証拠金は25万円になってしまう事になります。

その点から、ロスカットの実施されるいぜ以前に、追加で保証金を預け入れするとか、ポジションを決済するなどの対策が必要になります。

 

ロスカットで証拠金を減らしてしまうといった事より、最悪のケースでは、証拠金が無くなってしまうどころか、FX業者へ借金を作ってしま事にもなりかねません。

こうなってしまえば、新たにFX投資をしたくても、口座が開設出来ない場合もでてきます。

 

FX業者は、普通の場合ロスカットを実施する前の段階でマージンコールにより、追加保証金を入金するよう連絡してくれますが、とにかくレバレッジを高く設定しるぎないよう注意は必要です。

 

長期保有リスク

FXで稼ぐ方法というのは様々で、なにもデイトレードやスキャルピングトレードといったように、短期で稼ぐ方法ばかりではありません。

 

それは、初めの段階から長期保有をしていく事で、スワップ金利を受け取ることで利益を上げていくといった方法です。

ですが長期保有のトレードをする場合に、注意する事は、最初に持った「買い」ポジションのレートよりも円高になったケースになります。

 

例えば、初めにに1 ドル=100 円で「買い」ポジションを取り、その1 年後に1 ドル=80 円まで円高が進んだ場合では、為替差損が大きく膨らんだ事になります。

この時点でスワップを受け取れば、為替差損が大きくなってるので、損失が出ることになあります。その場合、ロスカットを実施されry可能性が高くなります。

 

そのため、長期保有をする場合なら、レバレッジを2倍以内に抑えておくことがポイントとなります。

なので長期保有している途中で、大きな為替変動が起きた場合、強制ロスカットされる危険性があるという事を、良く覚えておいて下さい。

 

また、仮に、為替変動・暴落が起こってしまった際には、必ず速攻で損切りを行なって下さい。

暴落の事態では『回復するかもしれない』といった期待は一切持たない事が重要になります。

損失は割り切って、今以上に損が増えない事を優先し素早く対応しましょう。

 

為替レートの暴落は想定しておく

FXで最も恐ろしい事は、何と言っても為替相場の暴落になります。

暴落のタイミングが、日本の週末であった場合でも、世界の主要都市間では、活発な取引が行われてるので、暴落が起こる可能性というのは常にあるのです。

 

仮に暴落の兆候に気付いたとしても、日本の金融機関が休みの場合、FX口座への入金する事ができず、強制ロスカットを実施されてしまうケースは実際に少なくありません。

ですが、暴落というのは、事前に対処しておくことも、ある程度は可能なのです。

 

暴落は今までにも何度も起こっているので、それらのパターンから、次に暴落する可能性を予測する事が重要なのです。

可能ならFX取引をスタートさせる以前に、暴落について知識を得ておくと良いでしょう。

過去の暴落の際に、起こった為替の変動が同じ動きをする事は有りえませんが、その時と似たような動きを予測するのです。

 

もし暴落をしてしまったら、「買い」ポジションは一時も早く損切りを実行します。

損失を最低限にする為に暴落の場合は、とにかく素早く損切りを行う事が最も重要な事になります。

Copyright© FXトレーダー育成プログラム , 2020 All Rights Reserved.