FXの儲け方

これはFXに限った事ではありませんが、ビジネスの基本は『安く仕入れて、高く売る』という事です。

当然FXでもこの原理を活かす事が可能になります。

つまり 【外貨が安い時は買い、そして値上がりしたら売る】という事しっかり覚えておきましょう。

 

仮に、1 ドル100 円の時に1 万ドル買います。つまり100万円です。

それから、1 ドル110円になった時点で、1万ドル売ります。

このとき、1 万ドルは110万円の価値になってますから、10万円の儲けが出る事になります。

ここのところが基本的な方法になります。

『レートの変動を、うまく予測する』という事、が重要なのです。

 

さらに、FX独特の手法として、【『売り』から始る】という事も出来るものがあります。

我々がFX口座に預け入れるお金は、日本円となります。

円高(外貨が安い)でも、儲けが出せる方法が、FXにはあるのです。

その手法は、「高く売って、安く買う」という意味です。

 

例をあげると、手元に米ドルは持っていないケースで、米ドルを外国為替市場から借りるのです。

ここでは1万ドルを借りたと仮定します。

 

1 ドル=110 円の際には、借りた1万ドルでは110万円分の日本円が買える事になります。

1 ドル=100 円になった際に、1 万ドルを外国為替市場に日本円で返却するのです。

この場合、返す金額は1 万ドル×100 円で、100万円ですよね。

 

すなわち、一番に借りてきた110万から、後で返す100万円を差し引いた分が、こちらの取り分=儲けとなる訳になります。

 

金融商品の比較

FXは、金融商品の「中では、群を抜いて高い人気を保っています。

そのFX以外の金融商品というものは様々なものがあります。

例えて言えば、株、先物取引、外貨預金、外貨建てMMFなどのようなものです。

 

こういったものと、FXとの相違は、【24 時間取引可能】【少額の資金で多額の資金が扱える】【手数料が安い】【毎日、スワップ(利子と考えてください)がもらえる】などが、あげられます。

【24時間取引が可能】というは、FX取引が『世界中の外国為替市場で実行されている』のが理由です。

 

外国為替市場というのは、株取引のように特定の場所あるわけではありません。

つまり株式のように『特定の場所(建物、都市、といった)取引をするために指定された場所は、FXの場合は存在していないのです。

 

そんなわけで、FXの市場というものは、世界の主要な都市にあるのです。

都市間で時差があるため、24 時間取引することが出来る訳なのです。

 

これによって、例えるならサラリーマンなど、夜間しか取引する為の時間が取れない、といったケースでも、FXならば取引する事が可能なのです。

 

株より優位なFX

一般的に投資の世界ではFXは初心者向きじゃない、と言われているようです。

けれども、株などの投資家の中には、FX取引へ移る人がが増えています。

 

その理由は、【自由な時間に取引できる】【少額の資金で取引が可能】などといった理由があるのです。

はじめに、【自由な時間に取引できる】のはなぜでしょうか?

 

このことは、FX取引は『世界中の外国為替市場で行われている』からです。

FXでの外国為替市場というものは、実は特定の場所での取引形態は、行われていないのです。

 

FXの市場は、世界の主要な都市にあります。

その各都市の間では時差があるので、結果、24時間取引することが可能なのです。

株取引の場合、株の売買には、」あるていどまとまった資金が必要とされます。

 

また、株取引を始めるにあたっては、300万円程度の資金を用意する必要があるのです。

一方で、FX取引は一般的には1万円からでも始める事ができるといった点が大きな違いであり魅力とも言えます。

また専業トレーダーにとって、24時間取引が可能なFXは、株よりも利益を出す可能性がある訳なのです。

それにより、専業のトレーダーには、FXが人気なのです。

 

外貨預金より得なFX

FXと外貨預金とは、似てるような気もしますが、いったいどのような違いがあるのでしょう?

何はともあれ、大きい違いは外貨預金は「預金」であるという事になります。

要するに為替レートが0円にならない限りは、資金を全額損実するという事はありえません。

 

為替レートが0円となる場合があるとしたら、それは、その国が破綻するという事以外にはありえないので、余程の事でも起きないかぎりありえないと言えます。

 

FXは証拠金を預けます。それに加えてレバレッジをかけて、取引をいたします。

証拠金の金額が例え少ない場合でも、大きな資金を取引で動かす事が出来るのです。

逆に言えば、為替の上げ下げで証拠金が吹っ飛んでしまう事や、FX業者に借金が出来てしまう場合も無くはありません。

それでもFXは本当に、割の良い商品なんでしょうか?

 

FXと外貨預金を同じリスクで考慮した場合(レバレッジを1倍とする場合)を考えてみます。

そうした場合、証拠金不足を心配する必要はありません。

なぜかと言うとFX取引では「証拠金の金額だけ外貨を買う」事ができるので、レバレッジ1倍の場合には、証拠金が不足する事態にはなりえないのです。

 

また、FXのスワップ(毎日もらえる利子)は、外貨預金の利子と比較した場合、断然得になります。

またFXの方が手数料も全然安いのです。

このような事を考えてみても、FXの方が外貨預金より得な取引方法だと言えるのです。

Copyright© FXトレーダー育成プログラム , 2020 All Rights Reserved.