FX注文方法あれこれ

仮にFX取引を専業にする事を目的とする人であるなら、多種多様な取引方法を使い分していく事も重要です。

更には、成行・指値注文といったものを短時間に頻繁に出していく事も必要かと思います。

 

それに対し、本業を持っているので取引は週に一度あるいは月に一度というようなペースでしか取引をしないという人であるなら、IFD注文やOCO注文をうまく使って、リスクの回避をすると同時に取引が出来るといった、知識が必要になります。

 

急な為替の変動といった事が仮に起きたとしても、迅速に対応することが難しいという事は、専業のトレーダーに比較し『欠けている』面になります。

そういう理由で、リスクの回避を可能とした注文方法を勉強しておくことが大切です。

 

一つの例として、『両建て』というのは、同じ通貨ペアで「買い」と「売り」の両方のポジションを取る事を意味します。

一般的であれば、同量の「買い」と「売り」のポジションを持った場合、一方の利益が片方の損失を相殺すことになる場合もありいます。

されど、両建てといった方法は、利益と損失を相殺しないまま、「買い」と「売り」のポジションをその状態で所持する事が可能な方法なのです。

 

両建てといった手法においては、投資家の間でも、賛否両論が見受けられます。

更に、両建ては全てのFX業者で使えるわけにはいきませんので、出来るかという事を確認しておくと良いです。

 

ベテラン投資家の投資手法を基準にするべきことは、初心者に取って非常に重要な事なのです。

ですが、投資生活の環境の相違と言うものは様々ですので、重要な事は自分なりのスタイルを確立しておくという事になります。

 

指値注文

指値注文は、別名リミットーオーダーとも言われております。

指値注文とは、自分が購入(売却)としている値で、事前に注文をしておく方法の事を言います。

 

指値注文でのメリットは、自分の購入したい値段で手に入れる事が可能であるということなのです。

さらに、注文を出す事が出来ない場合でも、前もって注文を出しておくことで自動的に受理される事も、メリットの一つです。

 

利益確定の場合でも、所有をしているポジションがそれから1 円上がったら売る、と決めてあるのであれば、予定としてる値段で売却注文を前もってにしておくことができるのです

つまりFXは自動売買を実行する事が可能なのです。

 

自動売買とは、指値や逆指値を使い、IFD 注文やOCO 注文といったもの前もって注文しておくと、注文に添って為替相場がその予約していたレートになった時点で注文を受け付け、それ以後の決済も予約しておいた通りのレートで自動決済を行ってくれる機能の事を言います。

 

またFXの市場は24時間体制で動いているので、自動売買機能を活用した場合には自分が例え寝てる間であっても取引を実行できてしまいます。

更に、自動売買機能はFX取引でのリスク管理と言った面でも活躍ししてくれます。

 

そして自動売買機能というのは、一回注文をした後でも何回でも修正する事もできます。

なので、常に相場を見ていなければ成らないというよう生活は基本的になる事はありません。

 

逆指値注文とは?

逆指値注文は、別名ストップオーダーとも言われております。

逆指値注文は、損失を確定させるために大変重宝する注文方法だと念頭にいれておきましょう。

 

仮に、1 ドル=100 円で所持している買いポジションが、1 ドル=110 円になりますと利益確定しようと考えている場合を思案してみましょう。

この時は、指値注文を使用し、110 円になった時点で注文が通過できるようにしておきます。

だけど、為替相場といったことは、上がる可能性だけではなくて、下がる危険性もあります。

 

当然、100 円を下回る危険性も推測されます。

その場で回復する場合も見受けられますが、90円、85円・・・と、立て続けに下がっていくという危険性も考えられます。

 

そういったとき、逆指値注文を使うのです。

自分が耐えられる損失額のレートでいったん、損切りをする為に、逆指値注文を使うと良いという事です。

 

更にFXは自動売買を行うこ事も可能です。

自動売買とは、指値や逆指値を用い、IFD 注文やOCO 注文というものを事前に注文を済ませておくと、その注文これにより為替相場がその予約してたレートになったら注文を受け付け、後からの決済も予約しておいたレートで自動的に決済を行ってくれるといった機能となっています。

 

逆指値注文を先達て出してさえおけば、『暴落しても、自分が耐えられるレートの限度内で、損切りが出きる』といった事で安心できます。

 

IFD注文・OCO注文

IFD注文というのは『イフダン』は言います。

『IF=もしも、もしかしたら』『D=done=実行する』といった意味となります。

 

例をあげると、こういった方法があるのです。

『米ドル円が102 円とすると1 万通貨を買いで注文を出す。』『その注文が通ったらそのあと、それのポジションを103 円となった時に決済します。』

 

IFD注文ならば、一度で二つの注文を出すのが可能です。

こんなふうに、IFD 注文というのは、新規で出した注文が通ったら次の注文を通す、といった方法となります。

 

更に、OCO注文といった方法まであるのです。

OCO注文は、『One Cancel the Other』の略語となります。

二つの注文のうち一方の注文が通ったら、もう一つの注文はキャンセルするといった方法となります。

 

簡単に説明すると、『米ドルのレートが100 円になると買いポジションを取る。』『米ドルのレートが110 円になったら売りポジションを取る。』といった方法になります。

 

米ドルのレートが、100円~110円の間を行き来されているとすれば、こういった二つの注文のうち、『どちらか一方が成立する』といったケースがあるのです。

一方の注文が完了した後で、もう一方の注文はキャンセルをするのです。

IFD注文、OCO注文を組み合せたIFO注文と呼ばれる方法もございます。

Copyright© FXトレーダー育成プログラム , 2020 All Rights Reserved.